カリキュラム

  1. 高等学校
  2. カリキュラム
  3. 英語教育

英語教育

2020年大学入試改革にともない、「英語の4技能」を積極的に評価する動きが広がっています。
本校では、4技能を伸ばす英語教育の充実を図っています。

プレゼンテーション英語

4人の常駐外国人教師が英語で行う授業で4技能を伸ばす。

英語を使って論理的に書き・話す方法を学び、生徒自身が調べた内容を、実際に英語でまとめて発表します。 普段の授業から「英語で聞き、英語で表現する力」を養えるルーテルならではのカリキュラムです。

例えば

  • 日本についての英字新聞の作成
  • フィクション物語の作成

みんなの前で「英語で」発表
(作品はスクリーンに映し出したりします)

留学・海外研修旅行

英語習得と異文化交流を目的に。

留学・海外研修旅行 オーストラリア、アメリカ、韓国、ヨーロッパなどの様々な文化や風習に触れ、より"国際性"を育むための留学制度や海外研修旅行があります。 国際理解や帰国後の語学学習の動機づけとしても、非常に有意義なプログラムになっています。

■ ルーテルで英語を学んだ先輩の声

井上 あみさん

英語を自身の力として定着させる

熊本大学文学部グローバルリーダーコース
井上 あみさん(2018年度卒)

私が英語に興味を持ち始めたのは、高校に入学してからでした。 プレゼンテーション英語や、ネイティブの先生方と話していくうちに英語ができるようになる楽しさを知り、もっと英語を勉強したいと思い、高校在学中に短期・長期の留学に挑戦しました。 今ではどんな話題でもネイティブの方たちと楽しく話せるまでに成長しました。 これも英語教育や留学制度が整っているルーテルで学んだから得られたものだと思います。 みなさんもぜひルーテルで英語を学んでみませんか?

熊本大学グローバルリーダーコースとは... 独自カリキュラムをもとに、21世紀のグローバル社会を生き抜く人材の育成を目標として 2017年度より文学部・法学部・理学部・工学部に設置されたコース。